スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口上&コール案池上彰編

検討中ですが、これも。

朝日新聞は連載中の池上彰さんのコラムの次回の予定稿に「朝日は謝罪すべき」の言葉を見つけ、掲載拒否をしました。
しかし、信頼関係が崩れたと感じた池上さんが連載の打ち切りを申し出ると、一転して慌てて掲載することを決めました。
池上さん人気と、対応のマズさに批判が噴出して、さらに部数を減らすことを恐れたのでしょう。
朝日社内でも、池上さんへの対応に自社への批判を書く記者が続出しましたが、掲載することが決まった途端、ドヤ顔で「言論の自由は守られた」とツイート。
いったい、それまでの経緯に対する批判はどこに消えたのでしょう?
彼等がお気に召さない政治家を記者会見で槍玉に挙げる時とは違って、だいぶお優しいですね?
慰安婦報道に疑問を投げかけた、今は亡き元財務大臣の中川昭一さんを激しく詰問した時とは大違いです。
いったい、この差は何なんしょうか?

シュプレヒコール!

池上さんの「慰安婦問題コラム」でジタバタしたのは見苦しいぞ~!

一旦拒否して批判が多かったから載せるとはみっともないぞ~!

一転して載せたからって自画自賛してる記者達も見苦しいぞ~!

いずれにしても、往生際の悪さはみっともないぞ~!
スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。